生物学

小さな虫の母性。線虫も産卵口からミルクを出して子供を育てていた

一見子育てとは無縁と思われる、小さくて単純な多細胞生物、線虫がミルクを放出して周りの幼虫の成長を促進できることがわかりました。
わかる!科学

遅すぎて苔が生える。ナマケモノがゆっくり動くのはなぜ?

哺乳動物の中で最も動きの遅いナマケモノですが、別になまけているわけではありません。動きを遅くせざるを得ない止むに止まれぬ理由があるのです。
わかる!科学

宇宙に存在する星の数は、地球上の全海水をコップですくった数のX倍

「星の数ほど」などといいますが、実際宇宙にはどれくらいの星があるのでしょうか。
生物学

6年で実現?遺伝子操作で現代にマンモスを蘇らせるスタートアップ企業

マンモスを現在に蘇らせて、地球温暖化の抑制もしてしまおうという計画を持ったスタートアップが発表されました。マンモスと遺伝学的に似ているアジアゾウの遺伝子改変を行い、マンモスを蘇らせようと、すでに高名な科学者と起業家が手を組んだのです。
医学

多発性硬化症の治療に結びつく可能性のある脳内物質が見つかる

難病である多発性硬化症の治療法に結びつくかもしれません。フラクタルカインという物質に、失われたミエリンを回復させる能力のある細胞を生み出す働きが示されました。
わかる!科学

コロナワクチンが体に入った時どのようなことが起きているの?

SARS-CoV-2ウイルスによって引き起こされたCOVID-19パンデミックは、世界中の人々の生活を変えてしまいました。2021年8月現在までに、アメリカだけでも63万人以上の死者が出ています。このパンデミックを終わらせるための一つの方法...
医学

コンドロイチン6硫酸で記憶力がよみがえる!【マウス実験】

ケンブリッジ大学とリード大学によるマウス実験で、神経周辺のコンドロイチン6硫酸の量を増やすことで、老化による記憶力低下を回復できることがわかりました。
わかる!科学

恐竜をDNAからよみがえらせることはできるの?

恐竜は化石でしかみつかっていませんが、そのDNAをとってきて、現代に蘇らせることはできるのでしょうか?
医学

固形がんの免疫療法に大きな進歩!超音波を使った副作用の出ない方法がマウス実験で成功

医学的に効果のあるがん免疫療法が改良されて、様々な種類のがんにも効くようになるかもしれません。超音波と遺伝子改変されたT細胞を使う方法は、非侵襲的で他の組織にも影響を与えません。
わかる!科学

500年後の地球はどうなっているの?

去年と今年で地球はそれほど変わっていないように見えますが、500年たつとどれほど変わるのでしょうか?このまま地球温暖化が進むと、地球は住めない場所になる可能性もある?
スポンサーリンク