生物学

生物学

車輪付きの水槽を運転する金魚

金魚が車輪のついた水槽を操作して、エサを手に入れるため目的地まで移動することに成功しました。金魚は水槽内で泳ぐことで水槽そのものも動くことを学習したうえで、運転を行っています。どのように動くのか見てみませんか?
わかる!科学

どうしてコウモリから人間に病気がうつるの?

新型コロナウイルスも、致命的なエボラウイルスもコウモリから人間にうつったことが知られています。実は、コウモリが多くの病気を人間にうつす理由は、コウモリ特有の性質や、進化の仕方と関係しているのです。 コウモリは、エボラウイルスや狂犬病ウ...
生物学

気のないふりしても?猫は飼い主が見えなくてもその動きを追跡していることが判明

猫は飼い主に興味がないかのように振る舞いますが、本当に興味がないのでしょうか?新たな研究で、飼い猫は飼い主が見えない場所にいてもその位置を把握していることが示唆されており、実は興味津々な可能性があります。
生物学

人類の脳が小型化したのは3000年前から?アリの研究でその理由を探る!

意外ですが、今の人類の脳の大きさはかつての人類の脳の大きさよりも小さくなっています。大型化が進んだ脳が小型化し始めたのは、3000年前と意外にも最近であることがわかりました。
生物学

小さな虫の母性。線虫も産卵口からミルクを出して子供を育てていた

一見子育てとは無縁と思われる、小さくて単純な多細胞生物、線虫がミルクを放出して周りの幼虫の成長を促進できることがわかりました。
わかる!科学

遅すぎて苔が生える。ナマケモノがゆっくり動くのはなぜ?

哺乳動物の中で最も動きの遅いナマケモノですが、別になまけているわけではありません。動きを遅くせざるを得ない止むに止まれぬ理由があるのです。
生物学

6年で実現?遺伝子操作で現代にマンモスを蘇らせるスタートアップ企業

マンモスを現在に蘇らせて、地球温暖化の抑制もしてしまおうという計画を持ったスタートアップが発表されました。マンモスと遺伝学的に似ているアジアゾウの遺伝子改変を行い、マンモスを蘇らせようと、すでに高名な科学者と起業家が手を組んだのです。
わかる!科学

キノコの中に毒を持つものがあるのはなぜ?

庭で見つけたキノコを食べるのは良い考えではありません。毒を持っているかもしれないからです。ではなぜ、キノコの中には毒を持つものがあるのでしょうか。持ってなかったら、気にせず食べれるのに!
生物学

メキシコで発見されたおしゃべりな新種恐竜

メキシコで新種の恐竜、トラトロプス・ガロラムがみつかりました。この恐竜、音を出してコミュニケーションしていたようなのです。
地球科学

火星の地下には生命が生息できるだけの環境がそろっていることが判明!

地球上の過酷な極地環境にも生命はひそんで、独自の生態系を作っています。火星の地下にも、その過酷ではあるけれども生命存続可能な環境が存在しうることが研究で明らかになりました。
スポンサーリンク