遺伝子

生物学

脳オルガノイド研究!ヒトの脳が大きくなる原因が判明!

人工培養で作られた、小さな臓器であるオルガノイドを使って、人間の脳がどうして他の類人猿よりも大きくなるのか研究が行われました。その結果、ZEB2と呼ばれる遺伝子が遅く発現することによって、脳オルガノイドが大きくなることがわかりました。
サイエンスニュース

わかったかも?男女間で寿命の違いが生まれる理由

人間では女性の方が男性よりも長生きですが、生物全般がそうとは限りません。広く生き物を調べた研究で、性別と寿命の間にある謎が解かれたようです。
サイエンスニュース

DNAだけじゃない!遺伝情報を持つことのできる化学物質が百万種類以上見つかる

遺伝子を運ぶ役割をはたせるのは、DNAやRNAだけではなさそうです。
サイエンスニュース

遺伝子編集CRISPRによる遺伝子治療の臨床試験が始まる

バイオ分野で革命を起こした遺伝子編集技術CRISPR/Cas9を医療へと応用するための臨床試験が初めて行われました。成功すれば、多くの遺伝病において新しい治療法が生まれる最初の狼煙となるでしょう。
サイエンスニュース

統合失調症の脳内では遺伝子時計が狂っていることがわかる

統合失調症患者の脳では、概日リズムに沿った遺伝子の発現に変化が見られることがわかりました。原因遺伝子が定かでない統合失調症が遺伝子の働きによって説明できるようになるかもしれません。
サイエンスニュース

遺伝しないはずの学習された忌避行動が数世代に渡って遺伝【C.elegans】

親の学習による行動変化が子供に遺伝することなんてあるのでしょうか。通常の遺伝学では考えられない、獲得形質の遺伝が4世代にも渡って線虫で起こっていることがわかりました。その仕組とは?
サイエンスニュース

殺人クラゲの解毒剤をCRISPRゲノム編集技術を使って発見

殺人クラゲの解毒剤が、CRISPR技術を使ったスクリーニングで発見されました。細胞ごとに異なる遺伝子が破壊された、細胞集団に毒を与えて生き残ったものの遺伝子を特定するという方法です。今後の創薬の手段として強力なものとなるでしょう。
サイエンスニュース

幹細胞療法に革新!遺伝子編集により拒絶反応を排除した万能細胞が作られる

再生医療に大きな前進です。万能幹細胞による移植療法では、拒絶反応の問題がクリアされておらず、見通しは悪いものでした。しかし、今回の研究では、iPS細胞の3つの遺伝子を編集することで免疫系によって攻撃されない万能幹細胞が生み出されました。
サイエンスニュース

卵からがん治療薬が!遺伝子組換えニワトリ製薬法

タンパク質によるバイオ製剤は、製造コストがかかるため非常に高価なものですが、他に治療法のない病気もあります。ニワトリの遺伝子組換えで卵の中に薬効成分を作らせるという研究が行われ、製造コストを劇的に下げられる可能性が出てきました。
サイエンスニュース

いくら食べてもやせてる人はなぜ太らないのか?

痩せた人や、深刻な肥満を抱える人を含めた参加者による、大規模な遺伝子と体型に関する研究が行われました。ダイエットに失敗する理由がその結果から見えてくるかも!
スポンサーリンク