バイオテクノロジー

わかる!科学

ワクチンの常識をくつがえすmRNAワクチンって何?

新型コロナによる感染症COVID-19を予防するために開発され、承認された新しいワクチン。ワクチン開発としては異例のスピードで開発されたこのmRNAワクチンとは何でしょうか?
医学

天然物と同じようにふるまったうえで付加的な機能も持つ人工赤血球が作られる

赤血球の機能を完全に模した人工赤血球が開発されました。さらには、自然の赤血球が持たない機能を付加することにも成功しています。
サイエンスニュース

世界初!生きたロボットがカエルの胚細胞から作られ動く!

カエルの初期胚からの生きた細胞を材料にして、思ったような動きをさせるロボットが開発されました。役に立ちそうな反面、倫理的な問題も出てきそうです。
テクノロジー

虫歯がもとに戻る!?エナメル質の自然な回復法が発見される

虫歯は元通りに治せる病気になるかもしれません。中国の科学者たちが、特殊な溶液を用いて歯のエナメル質の再成長に成功しました。
サイエンスニュース

遺伝子編集CRISPRによる遺伝子治療の臨床試験が始まる

バイオ分野で革命を起こした遺伝子編集技術CRISPR/Cas9を医療へと応用するための臨床試験が初めて行われました。成功すれば、多くの遺伝病において新しい治療法が生まれる最初の狼煙となるでしょう。
サイエンスニュース

完全な人工ゲノムを持った大腸菌が初めて作られる

ついに、人工ゲノムを持った生物が誕生しました。遺伝暗号の組み合わせを少なくすることで、人工的な改良の余地をもったゲノムDNAが、生体内で機能したのです。今後の人工生命研究の礎となる研究について解説します。
サイエンスニュース

コンピュータで生成!人工の細菌ゲノムが初めて作られる

細菌カウロバクターの最小ゲノム情報を元にして、コンピュータアルゴリズムを使って人工のゲノム配列が生み出されました。実体となるDNA配列も化学的に合成され、機能も調査されています。人工細菌は生み出されるのでしょうか?
サイエンスニュース

CRISPR技術を使って、遺伝病を15分で診断できる装置を開発

非常に感度の高い、携帯型の遺伝子変異診断装置が開発されました。CRISPR技術を応用したもので、臨床での利用を目標として研究が続けられています。将来は遺伝子診断が簡単で手軽になるかもしれません。
サイエンスニュース

心臓病を治す心筋パッチの材料は、なんと「ほうれん草」!

再生医療の研究は進んでいますが、難問は血管網を作ることです。ウースター工科大学の研究チームは、ほうれん草の葉脈を血管代わりに使うことで、心臓組織の足場を作ることに成功しています。その革新的な技術とは?
エコロジー

実際に屋外で使える光合成する人工葉のデザイン

人工光合成のできる人工葉は、今まで実験室内で試験されるにとどまっていました。しかし、新しいデザインの提案により、屋外で実際に二酸化炭素を削減するために使えるようになるようです。それを可能にした新たな工夫とはどんなものでしょうか?
スポンサーリンク