地球外生命体

サイエンスニュース

地球外生命見つかるかも!?初めてTESSによって、ハビタブルゾーンにあるスーパーアースが見つかる

太陽系外惑星探索用宇宙望遠鏡TESSによる観測から、太陽系から比較的近い恒星のハビタブルゾーンに系外惑星が発見されました。トランジット法で見つかっていることから、今後、高性能の望遠鏡によって大気組成が明らかにされるでしょう。生命の兆候を調べる絶好の天体となります。
サイエンスニュース

衛星エンケラドスの海の組成が「より生命に適している」ことが示される

土星の衛星である氷の月、エンケラドスの地下には海があり、生命の存在が期待されていますが、その期待を更に高める発見です。宇宙へ放出された水柱の化学組成と、地下の海の組成が異なっており、それは更に生命の可能性を高めるというのです。
サイエンスニュース

ケプラー宇宙望遠鏡が残したデータの中に地球と同サイズの惑星18個を発見

太陽系外に地球と似た惑星があって、そこには生命が住み着いているかもしれません。すでに活動停止しているケプラー宇宙望遠鏡のデータを解析することで、地球と同じサイズの小さな惑星が18個も見つかりました。その中の1つは有望かも?
サイエンスニュース

実は高い可能性!太陽系最寄りの系外惑星に生命が存在しうる理由

ハビタブルゾーンの系外惑星には生命が存在する可能性があります。しかし、こういった惑星の環境が、恒星からの放射線爆撃によって過酷であることもわかっています。しかし、そのような過酷な環境であっても生命が誕生しうることが新たな研究でわかりました。
サイエンスニュース

太陽系に近い系外惑星に、原始的生命の可能性

太陽系から2番めに近いバーナード星には惑星が存在することが発見されていますが、生命は存在しないと思われていました。しかし、その構成物質がわかったことで、生命の存在できる余地が見つかったようです。
サイエンスニュース

地球外生物探査のためエウロパに送る「穴掘りボット」を発表

木星の衛星であるエウロパには、氷の外殻の下に海が存在していると考えられています。生命の存在が期待されており、調査のために探査ロボットを送ることが期待されます。その穴掘りボットのコンセプトが発表されました。
サイエンスニュース

地球の奥深くに巨大生物圏「地底のガラパゴス」が存在した!

私達の足元に、巨大な生物圏が発見されました。圧力が高く、高温で栄養分も乏しいという過酷な環境にもかかわらず、生物が存在することが確認できたのです。この大発見を見ていきましょう。
サイエンスニュース

酸素がなくても見つかる!地球外生物を見つける新たな方法

地球外生命体を見つけるために、系外惑星の大気に必ずしも酸素が見つかる必要はありません。研究によると、それ以外の指標も利用できることがわかっています。その大気成分とは何でしょう?
わかる!科学

太陽系の外にも惑星があるって本当?生命はいるの?

私達の太陽系の外にも惑星は存在するのでしょうか?あったとして、生物を育む惑星もあるのでしょうか?太陽系外惑星の見つけ方と、その種類について解説します。
スポンサーリンク